夢枕獏「キマイラ」がアニメ映画化!監督は押井守

1690

夢枕獏の小説「キマイラ」が、押井守監督によってアニメ映画化されることが明らかになった。

「キマイラ13 堕天使変」

「キマイラ13 堕天使変」

大きなサイズで見る

発売中の「キマイラ13 堕天使変」のあとがきには、著者の夢枕から「押井守さんが、『キマイラ』を、アニメーションで映画化してくださることになりました」と告知されている。続けて押井が映画化することについて喜びも綴られた。

1982年から続く夢枕獏の代表作「キマイラ」シリーズは、体内に幻獣キマイラを秘めた少年・大鳳吼と久鬼麗一の数奇な運命を描いた物語。アニメの詳細については続報を待とう。

押井守のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 押井守 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。