コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

VFX-JAPANアワード2018最優秀賞に「BLAME!」「宝石の国」など

280

VFX-JAPANアワード2018表彰式の様子。

VFX-JAPANアワード2018表彰式の様子。

VFX-JAPANアワード2018の表彰式が昨日3月8日に東京・秋葉原UDXシアターにて行われ、1月に発表されていた8部門25作品の中から最優秀賞が選出された。「劇場公開アニメーション映画部門」では劇場アニメ「BLAME!」、「テレビ番組 アニメCG部門」ではアニメ「宝石の国」、「ショートフィルム部門」では「ブレードランナー ブラックアウト 2022」が最優秀賞に輝いている。

今年で第6回を迎えたVFX-JAPANアワード2018は、コンピュータグラフィックス(CG)と視覚効果(VFX)の認知拡大と業界発展を目的に、CG・VFX技術を取り入れた映像作品を一挙に紹介する日本で唯一の祭典。「劇場公開実写映画部門」「劇場公開アニメーション映画部門」「テレビ番組 VFX部門」「テレビ番組 アニメCG部門」「ゲーム映像部門」「CM・プロモーションビデオ部門」「ショートフィルム部門」「先導的視覚効果部門」の8部門が設けられ、主催の一般社団法人VFX-JAPAN理事、特別会員、業界有識者の投票によって優秀作品が選ばれ、その中からVFX-JAPAN個人会員、法人会員の投票により各部門ごとに最優秀賞が選出される。

劇場アニメ「BLAME!」は弐瓶勉の連載デビュー作が原作。瀬下寛之が監督を務め、弐瓶も総監修として参加している。2017年5月に2週間限定で劇場公開され、最長7週にもおよぶロングランヒットとなった。2017年10月より放送された市川春子原作のテレビアニメ「宝石の国」は京極尚彦監督のもと、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」などのCGパートを手がけたオレンジが3DCGで制作。「ブレードランナー ブラックアウト 2022」は、リドリー・スコット監督作「ブレードランナー」で主人公デッカードが姿を消してから3年が経過した2022年の世界を舞台とした短編アニメ。「カウボーイビバップ」の渡辺信一郎が監督を務めた。

VFX-JAPANアワード2018

劇場公開実写映画部門

最優秀賞

「海賊とよばれた男」

優秀賞

「東京喰種 トーキョーグール」
「亜人」

劇場公開アニメーション映画部門

最優秀賞

「BLAME!」

優秀賞

「ひるね姫 ~知らないワタシの物語~」
「夜明け告げるルーのうた」

テレビ番組 VFX部門

最優秀賞

連続テレビ小説「ひよっこ」タイトルバック

優秀賞

「精霊の守り人 シーズン2 悲しき破壊神」

テレビ番組 アニメCG部門

最優秀賞

「宝石の国」

優秀賞

「正解するカド」
「スナックワールド」
「Lost in Oz」

ゲーム映像部門

最優秀賞

「グランツーリスモSPORT」

優秀賞

「人喰いの大鷲トリコ」
「GRAVITY DAZE 2 / 重力的眩暈完結編」

CM・プロモーションビデオ部門

最優秀賞

新幹線YEAR2017「四季を走る新幹線」

優秀賞

きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」
関門PRムービー「COME ON!関門!」
CRAZYBOY「NEOTOKYO」

ショートフィルム部門

最優秀賞

「ブレードランナー ブラックアウト 2022」

優秀賞

「Beyond the Moment of Beauty - Into the Galaxy」
「ZOIDS FIELD OF REBELLION」

先導的視覚効果部門

最優秀賞

第67回 NHK紅白歌合戦 都庁中継

優秀賞

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
COCOLORS

コミックナタリーをフォロー