コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「GANTZ:L」開幕、百名ヒロキ「ガンツスーツ着用時のプリケツに注目」

687

「『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE- 」のゲネプロより。

「『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE- 」のゲネプロより。

奥浩哉原作による舞台「『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE- 」が、本日1月26日に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕した。

百名ヒロキ扮する大学生の玄野が、高橋健介演じる加藤や浅川梨奈演じる岸本恵らとともに、協力して謎の星人を倒す姿を描いていく「GANTZ:L」。1月25日にはゲネプロと、百名、高橋、浅川、西丈一役の佐藤永典、和泉紫音役の久保田悠来が登壇する囲み取材が行われた。

自身が演じる玄野を「一番純粋な人間の欲望を丸出しにしたような好青年」と分析する百名は、舞台について「お芝居色が強い。演出のスズカツ(鈴木勝秀)さんが意表を突くような素晴らしい演出を付けてくださった」と説明。浅川も「玄野くんと岸本のシーンの中に、舞台ならではの演出でやらせていただいている場面がありまして。そこは私自身も初めてやったというか、こういう演劇は初めてだなって思いました」と期待を煽る。

また「舞台は生もの」と語る高橋は「僕たちも終わった後にちょっと動けないくらいの感じでがんばりますので、お客様も観てくれた際に、ぽっかり穴が開いたような感じになってくれたらうれしいと思います」と宣言。周囲から原作の西にそっくりだと称賛を受けるという佐藤は、本作にネギ星人が登場することを明かし、「あまりにもクオリティがすごくて、『おお、怖え』って思うほどだったんで、これは凄いんじゃないかな」と自信を覗かせる。1人だけガンツスーツを着用していない久保田は作品の見どころについて「ガンツスーツを着ている、みんなのお尻ですかね」とコメントすると、百名もスーツの着心地について「アクション用に作られているので動きやすいし、なんかすごいテンション上がりますね。あとプリケツにも注目してください」とアピールした。

「『GANTZ:L』-ACT&ACTION STAGE- 」は2月4日まで全12公演を実施。藤田玲演じる裏社会で生きる冷酷な矢野誠、村瀬文宣演じる元タレントで優れた運動神経を持つ坂本実、影山達也演じるポジティブシンキングな小学校教師の小池修、大原海輝演じる玄野の同級生・高橋浩一といったオリジナルキャラクターも登場する。

「GANTZ:L」-ACT&ACTION STAGE-

期間:2018年1月26日(金)~2月4日(日)全12公演
会場:天王洲 銀河劇場
料金:プレミアチケット9500円、一般7500円

スタッフ

原作:奥浩哉「GANTZ」(集英社刊)
演出・脚本:鈴木勝秀
アクション:清水順二30-DELUX

キャスト

玄野計:百名ヒロキ
加藤勝:高橋健介
岸本恵:浅川梨奈
西丈一:佐藤永典
坂本実:村瀬文宣(30-DELUX)
小池修:影山達也
高橋浩一:大原海輝
矢野誠:藤田玲
和泉紫音:久保田悠来

(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:L」製作委員会

コミックナタリーをフォロー