コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「電影少女」上映会で野村周平「アイちゃんがかわいく映ってればそれでいい」

1251

左から古矢智章役の清水尋也、柴原奈々美役の飯豊まりえ、天野アイ役の西野七瀬(乃木坂46)、弄内翔役の野村周平、大宮リカ役の大友花恋。

左から古矢智章役の清水尋也、柴原奈々美役の飯豊まりえ、天野アイ役の西野七瀬(乃木坂46)、弄内翔役の野村周平、大宮リカ役の大友花恋。

桂正和原作のテレビドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」第1話の試写会が、本日1月12日に東京・テレビ東京六本木本社にて開催された。

時代設定を現代に移し、原作の25年後の世界を描くドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」。野村周平演じる高校生・弄内翔が、叔父・洋太の家で発見した壊れた古いビデオデッキを通じ、西野七瀬乃木坂46)演じるビデオガール・天野アイと出会う物語が展開される。舞台挨拶にはアイ役の西野、翔役の野村、翔が片思いしている柴原奈々美役の飯豊まりえ、翔の親友・古矢智章役の清水尋也、翔に思いを寄せる後輩・大宮リカ役の大友花恋が登壇した。

第1話の上映会後にステージに登場したキャスト陣たち。自身が演じたキャラクターについて、天野アイ役の西野は「アイちゃんは男っぽくて『俺』って言ったりするけど、翔のために一生懸命がんばる子。子供っぽいところもあります。演じていて、自分もがんばらなきゃなと思わせてもらいました」と語る。役のためにばっさり切った髪型について「こんなに短くしたのは人生で初めて。でも自分的には意外にしっくりきているので、切ってよかったなって思いました」と述べた。

キャラクターと共通する部分があるか、という質問には「違う部分しかなかった」と語る西野。「アイちゃんはいつもハキハキしていて、思ったことをはっきり言うので、役作りはなかなか苦労しました。でも監督さんやプロデューサーさんに『みんなでアイちゃんを探していこう」って言ってもらったので心強かったです」と振り返った。また声の大きい野村に引っ張ってもらったと言う西野に対し、野村が「俺らが見本を見せてあげたりして。俺も一緒にアイちゃんの役作りしてたよね(笑)」と語る。

さらに「本読みのときに、『めちゃめちゃ暗い子入ってきた』と思ってたのに、ここまで話せるようになって。俺のおかげだよね」と続ける野村に対し、西野が「知らない人がいると、壁を作ることから始まるので……」と言い訳をすると、すかさず野村は「まあ、すぐぶっ壊したけどね」と語り、場内の笑いを誘った。

野村は自分が生まれる前に連載していた原作について「あんな素晴らしいマンガの実写を演じられてうれしいです。原作は1日で全部読み切って。『これ西野さんががやるんだ』と思うと、僕は楽しみで仕方なかったです(笑)」と語る。またドラマの見どころについては「なぁたん(西野)が見どころ。僕らは引き立て役みたいなもんです。アイちゃんがかわいく映ってればそれでいいです」と、西野が演じるアイを絶賛した。

また翔の親友・智章を演じた清水は「原作から25年後の現代版ってことで、あまり原作にとらわれすぎずにできたと思います。すごくいい実写化の形だなと」と述べる。さらに「ドラマは、終盤に行くに連れて原作の要素が隠れていたりする。それは画面の中にも、ストーリーの中にもあります。だから初めて観る人はもちろん楽しめるし、原作ファンの人も楽しめる部分があるんじゃないかな」と、ドラマの見どころについて語った。

舞台挨拶中も仲の良さを感じさせるキャスト陣。現場の雰囲気もよかったと言い、まだ10代の大友も「年下なんですけど、野村さんや西野さんがたくさん話しかけてくださって。年齢差を埋めていただいた気がしました」と振り返る。そんな大友の言葉に、清水が「野村周平さんは、いい人なんですよ」と続けると、野村が「じゃあ、みんな今から俺のいいところ言ってこう」と言い出す。戸惑いながらも飯豊は「お昼休憩で刀削麺を食べに行ったんですけど、ごちそうしていただきました」と語ると、野村は満足げな様子だった。

さらにドラマのキャラクターの中で、好みのタイプを問われると、西野、飯豊、大友3人が野村演じる翔の名を挙げる。西野が「やっぱり優しい人なので。うん」と控えめに返すと、飯豊は「迷わず翔くんですね。智章はクールだし、あんまり気持ちが通じないというか。翔くんはいろんな人のいいところを見てくれるし、トータル的にステキだなと」と続け、さらに大友も「私も翔先輩がいいです。私は演じるときに『自分はこの人(翔)が好き』って自己暗示をかけてたこところもあって。リカちゃんとしてですけど、翔先輩のことが好きでした」と語る。そんな3人の言葉をうれしそうに聞いていた野村は「いい記者会見になったな」と満足げだ。また野村自身はアイがタイプだと言い「アイちゃんはやっぱり理想ですよ。桂先生が男の子の理想そのものをマンガにしてるんだから」と語った。

ドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」は、テレビ東京系にて明日1月13日より放送開始。

土曜ドラマ24「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」

2018年1月13日よりテレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)にてオンエア

スタッフ

原作:桂正和「電影少女」集英社文庫(コミック版)
脚本:喜安浩平、山田能龍、真壁幸紀、室岡ヨシミコ
監督:関和亮、真壁幸紀、桑島憲司
チーフプロデューサー:浅野太(テレビ東京)
プロデューサー:五箇公貴(テレビ東京)、倉地雄大(テレビ東京)、巣立恭平
制作:テレビ東京 ROBOT
製作著作:「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~」製作委員会

出演

天野アイ:西野七瀬乃木坂46
弄内翔:野村周平
柴原奈々美:飯豊まりえ
古矢智章:清水尋也
大宮リカ:大友花恋
清水浩司:村上淳
弄内洋太:戸次重幸

(c)桂正和/集英社 (c)『電影少女 2018』製作委員会

コミックナタリーをフォロー