内田春菊ががんを患い、人工肛門になるまでを赤裸々に綴る「がんまんが」

344

内田春菊の単行本「がんまんが 私たちは大病している」が、本日1月10日に発売された。

「がんまんが 私たちは大病している」

「がんまんが 私たちは大病している」

大きなサイズで見る(全5件)

同作は2015年に大腸がんの告知を受けた内田が、自身の体験を赤裸々に綴るエッセイ作品。体に異変を感じ始めてからがんだとわかるまでのドタバタ、抗がん剤治療をスタートさせてからの体や生活環境の変化、ストーマと呼ばれる人工肛門を造設するまでが描かれている。電子書店のRenta!にて先行配信された。

続編は今春、電子書籍にて配信開始予定。「すとまんが」というタイトルで、人工肛門を造設してからの生活が描かれるという。

この記事の画像(全5件)

関連記事

内田春菊のほかの記事

リンク

関連商品