松下容子「闇の末裔」、8年ぶりの12巻は1月19日発売

花とゆめ(白泉社)にて連載され長期休載に入っている、松下容子「闇の末裔」のおよそ8年ぶりとなる最新12巻が、1月19日に発売される。

松下容子「闇の末裔」12巻。

松下容子「闇の末裔」12巻。

大きなサイズで見る(全2件)

花とゆめ2000年12号の表紙イラスト。(C)松下容子/白泉社(花とゆめ)

花とゆめ2000年12号の表紙イラスト。(C)松下容子/白泉社(花とゆめ)

大きなサイズで見る(全2件)

12巻に収録されるのは、花とゆめ2000年23号、24号、2001年1号、2号、5号、9号に掲載された6話分に大幅な加筆修正を加えたもの。また2月5日に発売される花とゆめ5号には、松下の描き下ろしイラストによる単行本用着せ替えカバーが付属するので、ファンはぜひ手に入れておこう。

「闇の末裔」は、死者を裁く機関「十王庁」の「閻魔庁召喚課」に勤務する死神・都筑麻斗が、パートナーの黒崎密とともにさまざまな難事件を解決していく物語。今後の連載再開については未定となっているが、動きがあり次第、花とゆめ本誌にて伝えられる予定だ。

この記事の画像(全2件)

関連記事

松下容子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 松下容子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。