コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

プレイコミックで裏金を奪う麻雀懲悪劇「雀首」スタート

来賀友志原作による旭凛太郎の新連載「雀首」が、本日1月14日発売のプレイコミックNo.2(秋田書店)にてスタートした。

「天牌」など多くの麻雀マンガを手がける来賀をブレーンに迎えた「雀首」は、世の守銭奴を麻雀で退治する懲悪もの。世界有数のカリスマデイトレーダーである主人公が、裏の世界で動く金を我が手に収めんと闇の住人たちと麻雀勝負を繰り広げる。目標額は1兆円だ。第1話では、ギャル雀荘で働く女を借金の形に無理やりAV出演させる外道を相手にする。

1月28日発売のプレイコミックNo.3では、金田正太郎原案によるさだやす圭の新連載「雷神孫市」がスタート。鉄砲傭兵集団「雑賀衆」の頭、孫市の活躍を描いた戦国ものとなる。

コミックナタリーをフォロー