コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鈴木マサカズ、宮本福助、モーで新連載2本同時スタート

本日1月14日発売のモーニング7号(講談社)にて、とんたにたかし原作による鈴木マサカズ「ダンダリン101」、宮本福助「なごみさん」2本の新連載がスタートした。

「ラッキーマイン」連載終了から約1年ぶりとなる鈴木の新連載「ダンダリン101」は、労働基準監督署を舞台としたヒューマンドラマ。労働基準監督署とは、労働基準法など法令で定められた基準を守らない業者などを監督する組織だ。同作は「労働Gメン」とも呼ばれる労働基準監督官が、世にはびこる悪徳業者を摘発していく様子を描く。連載ペースは月イチ掲載となる。

宮本の新連載「なごみさん」は、町の商店街に新オープンした喫茶店を舞台にしたコメディ。まるで極道のような顔をしたマスターが接客に奮闘する様子を描く。宮本がモーニングに登場するのは前作「この度は御愁傷様です」から約1年半ぶり。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー