ドラマ「海月姫」鯉淵慶一郎役は北大路欣也、蔵之介&修の父で大物国会議員

139

東村アキコ原作によるテレビドラマ「海月姫」の追加キャストが発表された。国会議員・鯉淵慶一郎役を北大路欣也が務める。

北大路欣也扮する鯉淵慶一郎。

北大路欣也扮する鯉淵慶一郎。

大きなサイズで見る(全19件)

「海月姫」は「男を必要としない人生」を掲げ、男子禁制のアパートで暮らすオタク女子集団“尼~ず”が、女装男子と出会ったことから動き出すラブコメディ。月9ドラマ初出演となる北大路が演じるのは、瀬戸康史演じる蔵之介と工藤阿須加演じる修の父にして、与党の最大派閥を率いる大物国会議員で、代々政治家を輩出してきた名門・鯉淵家の現当主だ。兄弟をきっかけに、芳根京子演じる倉下月海ら“尼~ず”たちとつながりを持つことになる。

北大路は「海月姫」という作品について「とにかく登場人物みんなが“生きている”、“前進している”という雰囲気をすごく感じる作品」とコメント。また自身が演じる慶一郎を演じることついて「僕が演じる慶一郎には素敵な息子が2人もいて、2人とも個性豊かな青春を送っているので、物語がどういう展開になっていくのか、僕自身もすごく楽しみです」と述べている。

ドラマ「海月姫」は2018年1月より、フジテレビ系にて毎週月曜21時に放送開始。月海役の芳根、蔵之介役の瀬戸、修役の工藤のほか、“尼~ず”のジジ様役は木南晴夏、ばんばさん役は松井玲奈、まやや役は内田理央、千絵子役は富山えり子が務める。

北大路欣也コメント

初の月9出演に関して

月9というのは週の始まりというところもあって、よーいドン、スタートダッシュという感じがします。だからそれだけドラマにエネルギーがなきゃいけないし、若いというイメージがあるので、僕が月9に出るというのは、とても不思議な気がしますね。

「海月姫」に出演するにあたって

まずタイトルが非常にユニーク。そして、とにかく登場人物みんなが“生きている”、“前進している”という雰囲気をすごく感じる作品ですね。舞台の設定も、古きもあり新しきもあり、欲のある人ない人いろんな人が固まっていて、これからさまざまなことが起こっていくんだろうな、というワクワク感があります。そして僕が演じる慶一郎には素敵な息子が2人もいて、2人とも個性豊かな青春を送っているので、物語がどういう展開になっていくのか、僕自身もすごく楽しみです。

この記事の画像(全19件)

ドラマ「海月姫」

フジテレビ系 2018年1月より毎週月曜21時放送

スタッフ

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一、山内大典
制作:フジテレビ/共同テレビ

キャスト

芳根京子瀬戸康史工藤阿須加木南晴夏松井玲奈内田理央富山えり子
泉里香、要潤
床嶋佳子、北大路欣也

ほか

関連する特集・インタビュー

関連記事

東村アキコのほかの記事

リンク

関連商品

(c)フジテレビ