コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ドラマ「海月姫」第1話完成披露、女装した瀬戸康史に要潤が「イケる」

195

ドラマ「海月姫」第1話完成披露試写会の様子。

ドラマ「海月姫」第1話完成披露試写会の様子。

東村アキコ原作によるテレビドラマ「海月姫」の第1話完成披露試写会が、本日1月11日に東京・ラフォーレミュージアム原宿にて開催された。

「海月姫」は「男を必要としない人生」を掲げ、男子禁制のアパートで暮らすオタク女子集団“尼~ず”が、女装男子と出会ったことから動き出すラブコメディ。舞台挨拶には倉下月海役の芳根京子、鯉淵蔵之介役の瀬戸康史、鯉淵修役の工藤阿須加、花森よしお役の要潤、鯉淵慶一郎役の北大路欣也が登壇した。

クラゲオタクのヒロイン・月海を演じる芳根は、ドレスアップした衣装で登場。司会者から、おさげヘアですっぴんにメガネ、という月海のファッションについて問われると「衣装は基本スウェットなので、毎日楽にやらせてもらってます。私も目が悪くて、家ではメガネをかけているので抵抗ないですし、中学のときはピンクのメガネかけてたなって」と話す。またクラゲの知識を披露するシーンについては「早口で噛みそうになったりもするんですけど、言い切ったときの達成感はすごいです」と続けた。

本日の完成披露試写会では、“尼~ず”に扮した観客が客席に勢揃い。それを見た瀬戸は「皆さん、ばんばさんやまややの格好をされてて。蔵之介としては変身させてみたくなります」と感想を述べた。瀬戸が演じる蔵之介が女装が趣味の美男子であることから、女装についての感想を問われると「自分ではあんまりよくわからないんです。でも阿須加とか皆さんが『可愛かった』って言ってくれるので……。要さんからは『イケる』と(笑)」と苦笑い。それを聞いた要が「イケますね」と真顔で返すと、「そういう言葉が僕に自信を持たせてくれます(笑)」と笑顔を見せた。

また女装するうえで努力していることは何かと問われ「今、体重が50キロぐらい。6キロ落としました」と答えると、会場からは感嘆の声が上がる。またムダ毛の処理にも余念がないようで、「手とか本当にキレイですよ。ほら(笑)」と観客にも見えるように、袖をまくってつるつるの腕を披露してみせた。さらに瀬戸は、工藤からいつも「可愛い」と言われていることを明かし「阿須加はいつもすごい見てくるんです。気付いたら阿須加が隣にいて。ちょっと怖いですけどね(笑)」と語り、観客を笑わせた。

そんな蔵之介の弟で、童貞の修を演じる工藤は「修が童貞エリートってことで、どうやったら童貞感を出せるか日々研究してます」と役作りについて語る。すると蔵之介と修の父親・鯉淵慶一郎を演じる北大路は「男性は若い頃にぶつかる壁ですから。僕は第1話を観て、(工藤の演技から)その雰囲気を感じましたよ。素晴らしいです」と、工藤の“童貞エリート”っぷりを絶賛した。

また自身が何オタクかという質問に、芳根は「私はオタク要素がないんですよね」と申し訳なさそうに語り「すごいトマトが好きなんですけど、食べるのが好きなだけで知識はないんです。だからクラゲに対して情熱的に話す月海がすごく羨ましくて」と話す。続く瀬戸は、昨年公開された映画「ミックス。」をきっかけにハマったという卓球を挙げ、「まだオタクとは言えないですけど、年末に行った卓球バーでは4~5時間はやってました」と述べた。さらに工藤は「僕もオタクと呼べるほどじゃないですけど、銭湯が大好きで週3、4回は行ってます。銭湯にいる人とする何気ない会話も面白いんですよ」と語った。

さらに作品のタイトルにちなみ、芳根を「○○姫」に例えると何か、という質問に対し、工藤が「なぞなぞ姫」と命名。撮影現場の合間、出演者に対しなぞなぞを出題してくると意外な素顔を明かした。それを受けて芳根が、その場でなぞなぞを披露してみせる一幕も。司会から「なぞなぞオタクなのでは?」と指摘された芳根は「(自分にオタク要素が)ありましたね! 今日からなぞなぞオタクって言います」と嬉しそうに続けた。

ここで本日の舞台挨拶には出席できなかった“尼~ず”からのビデオレターも到着。ジジ様役の木南晴夏、ばんばさん役の松井玲奈、まやや役の内田理央、千絵子役の富山えり子がそれぞれ現場でのエピソードを話す。そしてビデオレターの最後に、“尼~ず”から「今年の抱負」を振られた芳根は「またこのようなイベントをやらせていただくことがあれば、“尼~ず”のみんなを連れ出すのが目標です!」と述べた。

本日1月11日は鏡開きの日ということで、ステージにはクラゲをイメージした大きな鏡餅が登場。全員で鏡餅を割りながらのフォトセッションも行われた。最後、芳根は「人気の原作があるので、お話を知っている方もいらしゃると思いますが、ドラマではドラマとして、新たな『海月姫』の魅力をお伝えたいと思います」とアピールし、舞台挨拶は幕を閉じた。ドラマ「海月姫」は2018年1月15日より、フジテレビ系にて毎週月曜21時に放送開始。

ドラマ「海月姫」

フジテレビ系 2018年1月より毎週月曜21時放送

スタッフ

原作:東村アキコ「海月姫」(講談社「Kiss」所載)
脚本:徳永友一
編成企画:渡辺恒也
プロデュース:小林宙
演出:石川淳一、山内大典
制作:フジテレビ/共同テレビ

キャスト

芳根京子瀬戸康史工藤阿須加木南晴夏松井玲奈内田理央富山えり子
泉里香、要潤
床嶋佳子、北大路欣也

ほか

(c)フジテレビ

コミックナタリーをフォロー