コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

2人の主人公を両視点で描く「マコトの王者」を徹底解剖

福井あしびがゲッサン(小学館)で連載中の「マコトの王者」は、ひとつのストーリーを、主人公2人それぞれの視点で描く同時進行の2本立て連載。その単行本「マコトの王者(赤)」1巻と「マコトの王者(青)」1巻が本日1月12日、2冊同時発売された。コミックナタリーは、この「同時並行連載」というマンガ界初の試みに注目し、作者にインタビューを敢行した。

「マコトの王者」は、極貧から這い上がってきた若きヤンキーボクサー大地真と、エリート街道を歩んできたが身体は故障だらけのチャンピオン天堂誠、2人の「マコト」の魂が試合中に入れ替わってしまうところから始まるドラマ。かたや若さに知性、経験値とすべてを手に入れ、かたや勢い任せのスタイルにボロボロの肉体と悪条件まみれになってしまう。そんな2人が再戦に向けて動き出すとき、周囲も巻き込んで運命は転がり出し……。

特集では「赤コーナー」「青コーナー」の同時並行連載について解説するとともに、真逆な2人の主人公を徹底比較。作者には入れ替わりモノならではの面白さや、2本同時連載だからこそできる趣向などを語ってもらった。

コミックナタリーをフォロー