コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

サンライズ原案、廃棄の対象となった少年たちを描く近未来SF1巻

214

サンライズ原案による坂野杏梨「さよならピーターパン」1巻が、本日12月20日に発売された。

本作は「少年圏」と呼ばれる島に集められ、大人になるための教育を受けていた少年たちを描く近未来SF。18歳を迎え少年圏を出ていくことになった男子高校生・シズは、卒業式を翌日に控え、言葉にできない不安を抱えていた。そんな中で迎えた卒業式で、シズはこの世界に隠された真実として「子供を効率的に育成して優秀な個体のみを選別し、それ以外は廃棄する」という“完全管理社会”について知ることになる。廃棄の対象となったシズは、幼なじみの少女・マチとともに逃げだすが……。ヤングマガジン サード(講談社)にて連載中。

コミックナタリーをフォロー