平成はスマホ中毒?生まれたばかりの令和の性格は?元号擬人化アンソロジー発売

201

日本の元号を擬人化して描く「ようこそ令和さん!元号擬人化アンソロジーコミック」が、本日7月31日にKADOKAWAより刊行された。

「ようこそ令和さん!元号擬人化アンソロジーコミック」

「ようこそ令和さん!元号擬人化アンソロジーコミック」

大きなサイズで見る

アンソロジーでは葵日向、梅渡飛鳥、園田ゆり、岡野く仔、SAKAE&するば、おつじ、もぐち、赤羽ぜろ、坂野杏梨藤近小梅、仲スナ子、オノ・タコという12名の作家がマンガを執筆。平成がギャルだったり、チャラい見た目でスマホばかりいじっている男子だったり、作家ごとに時代の特徴を落とし込んだキャラクターを描いている。最新の元号である令和のビジュアルや性格、過去の元号との関係なども見どころだ。

坂野杏梨のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 坂野杏梨 / 藤近小梅 / 岡野く仔 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。