コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

続編はキャストもフルCG?「鎌倉ものがたり」堺雅人が自分のCG出演に気付かず唖然

229

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」初日舞台挨拶の様子。左から山崎貴、中村玉緒、堤真一、堺雅人、高畑充希、安藤サクラ、田中泯。

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」初日舞台挨拶の様子。左から山崎貴、中村玉緒、堤真一、堺雅人、高畑充希、安藤サクラ、田中泯。

西岸良平原作による映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」の初日舞台挨拶が、本日12月9日に東京・TOHOシネマズ日劇で開催され、キャストの堺雅人高畑充希堤真一安藤サクラ田中泯中村玉緒、そして山崎貴監督が登壇した。

月刊まんがタウン(双葉社)にて連載中の「鎌倉ものがたり」は、鎌倉市を舞台に描かれる怪奇ファンタジー。映画では堺雅人がミステリー作家の一色正和役を、高畑充希が正和の愛妻・亜紀子役を演じる。

司会から高畑の印象を聞かれた堺は、「本当に素晴らしい女優さんで、撮影中も堂々としてらっしゃったんです。でもインタビュー取材などでご一緒すると、『緊張した』とおっしゃっていて」と回答。それを受けて高畑が「緊張すればするほど、能面みたいになっちゃうんです……本当はどっきどきでした」と言うと、堺は「考えてみれば、周りは先輩ばっかりだもんね。ごめんね、気付いてあげられなくて」と爽やかに謝る。その後、高畑がどんな存在かを聞かれた堺は、作品名にかけて「デスティニー!」と断言。「これから何度も何度も共演したい女優さんです」と答えながら、「実は今日は何を聞かれても、スキがあれば『デスティニー』と答えようと思っていた」と続け、会場を笑わせた。

高畑はプロモーションで各地を回る間に堺の優しさを知ったと語り、「今日は着物を着せてもらったんですけど、堤さんと監督には『ああ、七五三?』って言われてしまって……。でも堺さんは『きれいな着物でいいね』って褒めてくださった。本当に、堺さんだけが味方です」と冗談交じりに答える。司会に「高畑さんにとって、堺さんの存在は?」と振られると、「デスティニーです!」と力強く答えた。

死神役として出演した安藤は、印象に残ったシーンを聞かれ「エンドロールに自分が出てきて、びっくりしたんです。だって私、あんな動き(撮影)してない……」と驚きの発言。山崎監督が「あれ、フルCGなんです」と明かすと、キャストからは驚きの声とともに「そんなことしているから間に合わなくなるんだ!」「(間に合わないかと思って)ドキドキしたんだからな!」と本音が飛び出す。撮影の合間に全員分のスキャンデータを集めたそうで、山崎監督は「もう誰1人呼ばなくても、『DESTINY 2』が作れちゃいます」とニヤリ。山崎監督は続けて、「お気付きじゃないかもしれませんけど、堺さんもフルCGで、電車の中に登場させています」と語り、MCの「これはもう1回観なくちゃいけませんね」という言葉に全員が頷いた。

イベントでは最後に、本作のヒットを祈願した鏡開きを実施。観客の「よいしょ!」という掛け声で酒樽が割られ、酒を口にした堺が「おいしーい!」と笑顔を浮かべた。

コミックナタリーをフォロー