コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ジャンプ50周年で久保帯人、うすた京介ら読切執筆!次号に西尾維新×河下水希

1971

週刊少年ジャンプ2018年1号に掲載された告知画像。(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

週刊少年ジャンプ2018年1号に掲載された告知画像。(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

週刊少年ジャンプ(集英社)が2018年に創刊50周年を迎えることを記念し、同誌で執筆してきた作家陣の読み切りが続々と掲載される。

まず12月11日発売の同誌2018年2・3合併号には西尾維新原作による河下水希「パートスリーズ」を掲載。1月6日発売の6号では古味直志が登場する。このほか現時点で久保帯人うすた京介椎橋寛島袋光年田村隆平が読み切りを執筆することがアナウンスされている。

また1月15日発売の7号では50周年記念新連載の第1弾として平野稜二「BOZEBEATS」、1月22日発売の8号では第2弾としてマツキタツヤ原作による宇佐崎しろ「アクタージュ act-age」がそれぞれ始動。さらに1月29日発売の9号で冨樫義博「HUNTER×HUNTER」の連載が再開することが決定した。

なお2018年度の週刊少年ジャンプは背表紙のデザインを毎週変更し、50年の歴史を振り返るメモリアル仕様。本日発売の1号では創刊年の1968年当時の背表紙デザイン、次号では1969年当時の背表紙デザインが使用される。

コミックナタリーをフォロー