コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

犯罪者御用達の闇医者描く新連載「バカレイドッグス」ヤンマガで

61

矢樹純原作による青木優の新連載「バカレイドッグス」が、本日10月2日発売のヤングマガジン44号(講談社)にてスタートした。

「バカレイドッグス」は、犯罪者御用達の闇医者をテーマにしたサスペンス。父親の借金が原因でヤクザに拉致された看護師の雪野鈴は、とある兄弟に売り飛ばされてしまう。薬で眠らされた鈴が目を覚ますと、そこには金さえ払えばどんな手術でも引き受ける無免許の天才外科医である兄の辰次と、保険屋の弟・亥三の犬童兄弟がいた。鈴は早速、腕を切断されたヤクザの手術に立ち会うことになり……。

そのほか今号では、藤沢とおる「GTO パラダイス・ロスト」第1部が終了。第2部の始動は追って伝えられる。また同誌38号より休載していた福本伸行「カイジ」シリーズのスピンオフ作品「1日外出録ハンチョウ」が連載を再開させた。

コミックナタリーをフォロー