コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ビーム1月号、山川直人&竹本泉が新連載スタート

本日12月12日発売の月刊コミックビーム2010年1月号(エンターブレイン)にて、山川直人「澄江堂主人(ちょうこうどうしゅじん)」と竹本泉「あかねこの悪魔」2作の新連載がスタートした。

「澄江堂主人」は作家・芥川龍之介の作品や伝記を基に、芥川が自殺に至るまでを描く意欲作。単なるノンフィクションではなく、登場する作家たちがすべてマンガ家、という設定で描かれている。

一方の「あかねこの悪魔」は、学校の図書館を舞台にしたほのぼのファンタジー。ひょんなことから“本を助ける”ことになってしまった主人公たちを描いている。竹本にとっては、ビームで描く久々の長編連載。

山川は表紙とセンターカラー、竹本は巻頭カラーにそれぞれ登場している。

コミックナタリーをフォロー