コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ポルノグラファー」の過去を描いたBL、新垣樽助&松田健一郎でドラマCD化も

299

丸木戸マキ「インディゴの気分」が、本日8月25日に発売された。

同作は丸木戸の前作「ポルノグラファー」に登場する官能小説家・木島と、担当編集者・城戸の過去を描いた物語。かつて作家志望の文学部生だった城戸は、文芸誌で賞を受賞した同級生・木島に対し悔しくも尊敬の気持ちを抱いていた。しかし恩師の葬儀で久しぶりに再会した木島は、小説家として伸び悩んですさんでおり……。ポルノ小説の編集者として働いていた城戸が、金銭面で困っていた木島にある提案をしたことから2人の関係は動き始める。単行本には本編のほか、大学生・久住と木島を描いた商業誌未発表作と描き下ろしも掲載された。

なおアニメイト、コミコミスタジオ、とらのあな、ホーリンラブブックス、応援書店では、単行本の購入者に描き下ろし特典を配布。店舗の詳細は、祥伝社の特設サイトにて確認を。

さらに「インディゴの気分」のドラマCDが、CROWN WORKSよりリリースされることも決定。木島理生役は新垣樽助、城戸士郎役は松田健一郎、久住春彦役は古川慎、蒲生田郁夫役は石野竜三が務める。発売日は11月28日を予定しており、公式のオンラインショップ限定で抽選の予約特典も用意されている。

コミックナタリーをフォロー