コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「BILLY BAT」の地上絵出現、制作者不明の怪アート

栃木県の岩舟山中にて、モーニング(講談社)で連載中の浦沢直樹「BILLY BAT」に登場するコウモリの地上絵が発見された。

地上絵は横約70m、縦約40mと巨大な代物で制作者は不明。発見された岩舟山は、地蔵尊を本尊とする「高勝寺」を山腹に持つ有名な霊地だ。奈良時代には地蔵菩薩が顕現したとの伝承が残されているが、今回の地上絵出現との関連やいかに。

ストーリー共同制作に長崎尚志を迎えた浦沢の最新作「BILLY BAT」は、時代や場所を超えて出現する、謎のコウモリのイラストをめぐるミステリー作品。単行本2巻の発売を11月20日に控え、山中に現れた実在の地上絵。歴史的大事の裏に潜むコウモリは、果たして我々に何を伝えようとしているのだろうか。

1話まるごと試し読みPR

コミックナタリーをフォロー