コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

萩尾望都、田村由美、西炯子ら参加。家族を描いたアンソロ

小学館コミック文庫の15周年を記念して、本日11月14日、「珠玉の名作アンソロジー」第1弾となる「家族の情景」が発売された。

家族をテーマにした読み切りを文庫サイズにまとめたこのアンソロジー。萩尾望都「小夜の縫うゆかた」、吉田秋生「ざしきわらし」、田村由美「ボクが天使を産んだ理由」、吉野朔実「ピンホール・ケイブ」、波津彬子「おくりもの」、西炯子「プロミス」、吉村明美「のら猫の話」、奈知未佐子「メリーゴーランドに乗って」の8編が収録されている。

なお12月15日に発売される「珠玉の名作アンソロジー」第2弾のテーマは、“出会いと別離”。萩尾望都、吉野朔実、赤石路代篠原千絵らの作品が収録される予定だ。

コミックナタリーをフォロー