コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

劇団番町ボーイズ☆4人が実名で登場&主人公と共同生活!ARIAで新連載

206

「僕らとひとつ屋根の下 ~番町ボーイズ☆Backstage~」の扉ページ。

「僕らとひとつ屋根の下 ~番町ボーイズ☆Backstage~」の扉ページ。

くまだゆかの新連載「僕らとひとつ屋根の下 ~番町ボーイズ☆Backstage~」が、本日3月28日発売のARIA5月号(講談社)にてスタートした。

「僕らとひとつ屋根の下 ~番町ボーイズ☆Backstage~」には、俳優集団・劇団番町ボーイズ☆に所属する糸川耀士郎木津つばさ野嵜豊の4名が実名で登場。また男装モデルのAKIRAも、芸能事務所の社長として参加している。

物語の主人公は、天涯孤独の高校生・郁。郁がひょんなことから劇団番町ボーイズ☆の世話係となり、彼らが暮らす家に住み込みで働く姿が描かれる。「3割フェイク、7割リアル!?」とキャッチコピーがつけられた同作。劇団番町ボーイズ☆の青春ストーリーに注目したい。

また今号には瑛、糸川、木津、野嵜の座談会とグラビアも掲載。お互いの印象などが語られ、「僕たちの素がつまっている」というマンガへのコメントも発表された。このほか今号では駿河ヒカル「プリズンハーツ」が最終回を迎えた。

コミックナタリーをフォロー