日本ファンタジーノベル大賞復活!萩尾望都、恩田陸、森見登美彦が選考委員に

547

2013年を最後に休止していた「日本ファンタジーノベル大賞」が復活し、2017年6月から作品を募集する。選考委員は萩尾望都、恩田陸、森見登美彦に決定した。

萩尾望都(提供・新潮社)

萩尾望都(提供・新潮社)

大きなサイズで見る

「日本ファンタジーノベル大賞」は1989年に創設されてから25年にわたり新人作家のユニークな登竜門となり、酒見賢一「後宮小説」、鈴木光司「楽園」、畠中恵「しゃばけ」、森見登美彦「太陽の塔」、仁木英之「僕僕先生」など多くの作品を世に送り出してきた。萩尾は2011年から2013年まで同賞の選考委員を務め、このたび4度目の就任となる。

萩尾望都のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 萩尾望都 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。