テニミュからキンプリまで!美術手帖で2.5次元カルチャーを特集

932

本日6月17日に発売された美術手帖7月号(美術出版社)では、「2.5次元文化―キャラクターのいる場所」と題した特集が組まれている。

美術手帖7月号

美術手帖7月号

大きなサイズで見る(全4件)

特集は2部構成。PART1では2.5次元舞台・ミュージカルにフォーカスし、許斐剛原作のミュージカル「テニスの王子様」を33ページにわたり紹介している。エグゼクティブプロデューサーの松田誠、オリジナル演出・振付の上島雪夫、脚本・作詞の三ツ矢雄二、そして越前リョーマ役の古田一紀、跡部景吾役の三浦宏規、日吉若役の内海啓貴と、スタッフからキャストまで多角的にインタビューを実施。5月に開催された「コンサート Dream Live 2016」を撮り下ろしたフォトページも収められた。

また2.5次元ミュージカルの10年来のファンであるというやまだないとと、プロデューサー・片岡義朗の対談も収録。2.5次元の原体験を語り合っている。そのほか渡辺航原作の舞台「弱虫ペダル」より、演出・脚本を務める西田シャトナーのインタビューも。

PART2では「2.5次元文化領域」と題してキャラクターカルチャーを特集。特に劇場版「KING OF PRISM by PrettyRhythm」の応援上映に着目し、菱田正和監督のインタビューを収録している。

この記事の画像(全4件)

「美術手帖7月号 2.5次元文化―キャラクターのいる場所」収録内容

【PART1】2.5次元舞台/ミュージカル

●STAGE1 ミュージカル『テニスの王子様』
「テニミュ」という魔法の国のつくり方
インタビュー
・エグゼクティブプロデューサー 松田誠
・オリジナル演出/振付 上島雪夫
・脚本/作詞 三ツ矢雄二
古田一紀(越前リョーマ役)
・三浦宏規(跡部景吾役)+内海啓貴(日吉若役)

●撮りおろしスペシャル・フォト
MUSICAL THE PRINCE OF TENNIS CONCERT
Dream Live 2016

●STAGE2 舞台『刀剣乱舞』
「刀剣男士」に心を宿す
インタビュー
・ニトロプラス代表取締役 小坂崇氣
鈴木拡樹(三日月宗近役)
・脚本/演出 末満健一
・衣裳 惠藤高清

●STAGE3 インタビュー:2.5次元をめぐる声
植田圭輔 俳優が語る、キャラクターとして生きる意味
西田シャトナー 演出家が語る、キャラクターに近づくための試行
・片岡義朗×やまだないと プロデューサーとマンガ家が語る、2.5次元ミュージカルの原体験

●STAGE4 論考:3つの視点から読む2.5次元
・2.5次元ファンの舞台の見方~宝塚ファンとの比較から~(文:東園子)
・マンガと2.5次元『弱虫ペダル』におけるキャラクター生成のメカニズム(文:岩下朋世)
・2.5次元、僕らの新しいスポーツ ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(文:上田麻由子)

【PART2】「2.5次元文化領域」加熱するキャラクターカルチャー最前線

●2.5次元文化領域MAP
イマジネーションとのインタープレイ ~2.5次元文化領域の射程~(文:須川亜紀子)

●CASE STUDY
・応援上映
劇場版『KING OF PRISM by PrettyRhythm』
インタビュー:監督・菱田正和
論考:「コールアンドレスポンスの妙技」(文:石岡良治)

・キャラ声優ライブ(文:川村覚文)
・アイドル×声優(文:上田麻由子)
・キャラSNSアカウント(文:鎗水孝太)
・コンテンツツーリズム(文:張慶在)
・コスプレ(文:中村仁)

●SPECIAL TALK
キャラクターと「わたし」が出会う0.5の場所
対談:川口晴美(詩人)×岩川ありさ(文学・クィア批評)

全文を表示

関連記事

やまだないとのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 やまだないと / 許斐剛 / 渡辺航 / 古田一紀 / 上島雪夫 / 三ツ矢雄二 / 鈴木拡樹 / 末満健一 / 植田圭輔 / 西田シャトナー の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。