コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

総理の料理番描くグルメ作品「グ・ラ・メ!」ドラマ化、主演は剛力彩芽

129

ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」にて主人公の一木くるみ役を演じる剛力彩芽。(c)テレビ朝日

ドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」にて主人公の一木くるみ役を演じる剛力彩芽。(c)テレビ朝日

西村ミツル原作による大崎充「グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~」のテレビドラマ化が決定した。「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」のタイトルで、7月から放送される。

「信長のシェフ」「大使閣下の料理人」などで知られる西村が原作を手がけた同作は、2006年から2010年まで週刊コミックバンチ(新潮社)で連載されたグルメマンガ。日本の総理大臣に仕える「官邸料理人」に選ばれた女性シェフ・一木くるみが、世界中のさまざまな要人を相手に腕を振るう。

ドラマ版で一木くるみ役を演じるのは剛力彩芽。シェフ役に初挑戦の剛力は、自らが演じるくるみについて「とにかく料理が好きで、周りのことはきっとそんなに気にもしていない。料理だけで自分の想いを伝えたい!という気持ちの持ち主」と形容し、「くるみが持つ女性ならではの強さ、繊細さ、男性ばかりの中でのカッコ良さなどもうまく表現できたらいいなと思っています」と意気込みを語った。

さらに内閣総理大臣である阿藤一郎役の小日向文世、くるみを官邸に引き入れる政務担当総理大臣秘書官・古賀征二役の滝藤賢一、官邸食堂の総料理長である清沢晴樹役の高橋一生、東陽テレビ政治部の記者・立花優子役の新川優愛といった布陣が脇を固める。ドラマはテレビ朝日の「金曜ナイトドラマ」枠にて、7月の毎週金曜23時15分よりオンエア。

剛力彩芽(一木くるみ役)コメント

今回、“総理大臣の料理番”をやらせていただくことになりました。これまでにやらせていただいたことのないような役で、台本を読んだ時すごくワクワクしましたし、一木くるみという女の子に出会えるのが、今からとても楽しみです!
くるみは料理でメッセージを伝える、人の心を動かす、ということにすごく長けています。とにかく料理が好きで、周りのことはきっとそんなに気にもしていない。料理だけで自分の想いを伝えたい!という気持ちの持ち主です。彼女のその世界観はすごく大事にしたいですし、くるみが持つ女性ならではの強さ、繊細さ、男性ばかりの中でのカッコ良さなどもうまく表現できたらいいなと思っています。
コックコートに初めて袖を通しましたが、すごく身が引き締まる思いでした。いよいよ始まるんだ、という現実味を帯びてきて、緊張感が高まってきました(笑)
小日向文世さん、滝藤賢一さん、高橋一生さんといった共演者のみなさんとは、きちんとお芝居させていただくのはほとんど初めてで…どんな方々なんだろう、とワクワクします。そんなところも、官邸にひとり乗り込んでいくくるみと同じような状況なのかな…。

お料理はそんなに「得意!」というほどではないですけれど、小さいころから母のお手伝いをしたりしながら接してきたので、好きです。しっかり練習してドラマに臨みたいと思います。
お料理はまだまだですが、食べることは大好きです(笑) やっぱり食べることって幸せな気持ちになりますよね。その瞬間って、すごく笑顔に溢れた瞬間だと思うので、そんな幸せな一瞬をこのドラマでもお届けできたらな、と思います。美味しそうなお料理もたくさん出てきますし! そしてこの作品を通して、わたし自身も料理の腕が上がったりしたら…最高です!(笑)

金曜ナイトドラマ「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」

キャスト

一木くるみ:剛力彩芽
古賀征二:滝藤賢一
清沢晴樹:高橋一生
立花優子:新川優愛
阿藤理子:内藤理沙
桜井あすか:松尾幸実
田村友和:三宅弘城
阿藤一郎:小日向文世

スタッフ

原作:『グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~』作・西村ミツル 画・大崎充(新潮社)
脚本:菱田信也 ほか
ゼネラルプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)、浅井千瑞(MMJ)、神通勉(MMJ)
演出:常廣丈太(テレビ朝日)、落合正幸、小松隆志
制作:テレビ朝日、MMJ

コミックナタリーをフォロー