コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

映画「この世界の片隅に」、戦時中の広島をスケッチするすず描くビジュアル

733

こうの史代原作の劇場アニメ「この世界の片隅に」の第2弾ビジュアルが公開された。

ビジュアルには広島・呉港が見える高台でスケッチを取る主人公・すずと、昭和20年の広島市が描かれている。原爆ドームと呼ばれる前の広島県産業奨励館など、今となっては見ることができない街並が色鮮やかに再現された。

「この世界の片隅に」は、戦時中の広島県呉市で、18歳にして嫁ぎ先の一家を支える主婦となったすずを軸に描く物語。映画は10月に公開予定で、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直が監督と脚本を務め、アニメーション制作はMAPPAが手がける。

(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

コミックナタリーをフォロー