映画「この世界の片隅に」、戦時中の広島をスケッチするすず描くビジュアル

718

こうの史代原作の劇場アニメ「この世界の片隅に」の第2弾ビジュアルが公開された。

「この世界の片隅に」第2弾ビジュアル

「この世界の片隅に」第2弾ビジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

ビジュアルには広島・呉港が見える高台でスケッチを取る主人公・すずと、昭和20年の広島市が描かれている。原爆ドームと呼ばれる前の広島県産業奨励館など、今となっては見ることができない街並が色鮮やかに再現された。

「この世界の片隅に」は、戦時中の広島県呉市で、18歳にして嫁ぎ先の一家を支える主婦となったすずを軸に描く物語。映画は10月に公開予定で、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直が監督と脚本を務め、アニメーション制作はMAPPAが手がける。

この記事の画像・動画(全6件)

関連記事

こうの史代のほかの記事

リンク

関連商品

(c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 こうの史代 / 片渕須直 / この世界の片隅に の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。