コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

クール教信者こと来木要、新連載はハーレムの女たちの事後猥談コメディ

192

来木要による新連載「ふくまでん」が、本日5月19日発売の月刊チャンピオンRED7月号(秋田書店)にてスタートした。来木はクール教信者の別名義。

「ふくまでん」の舞台は、勇者が魔王を倒したあとの世界。魔王が数百年後の復活をほのめかしているため、勇者はハーレムを作ってその血を残すことになった。しかしハーレムはあまりにも人数が多いため、100人待ちという事態に。この作品では後宮の女たちによる、勇者に会うための順番待ちをしながらのおしゃべりが描かれる。

また今号には松本零士の単行本未収録作「燦 天河無限」が別冊として付属。幕末を舞台に、松本作品に登場するトチローの愛刀の出自やトリさんの誕生が描かれている。

そのほか本誌には吉富昭仁による読み切り「海とかもめと吉祥寺」が掲載。なお吉富がかつて連載していた「スクール人魚」は次々号より復活予定で、次号には予告マンガが掲載される。

また稲光伸二原作による柚木N’「生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている!」が最終回を迎えた。最終4巻は6月20日に発売される。

コミックナタリーをフォロー