「クレしん」ぶりぶりざえもんの新声優に神谷浩史!16年ぶりに声付きで登場

4495

臼井儀人原作によるアニメ「クレヨンしんちゃん」に登場する、ぶりぶりざえもんの新声優が神谷浩史に決定した。

「クレヨンしんちゃん」の場面写真。

「クレヨンしんちゃん」の場面写真。

大きなサイズで見る(全5件)

神谷浩史

神谷浩史[拡大]

ぶりぶりざえもんは野原しんのすけが、劇中でお絵かき中に考案した“救いのヒーロー”。2000年に前声優の塩沢兼人が逝去してからは、アニメには台詞なしで登場していた。

新たに息を吹き込む神谷は、塩沢の所属事務所・青二プロダクションの後輩。「偉大なる先代を知っている方もそうでない方も、温かく見守っていただければ幸いです!」とコメント。またアニメの監督を務めるムトウユージも「16年の時を経て、今の時代にぶりぶりざえもんが出来るのはこの男しかいない。ニヒルな面と卑怯者の面、そのギャップをうまく表現してくれている」と神谷を絶賛している。

ぶりぶりざえもんは明日5月13日に放送される「ぶりぶりざえもんの冒険 覚醒編」と、5月20日にオンエアの「ぶりぶりざえもんの冒険 閃光篇」に登場。江戸を舞台にぶりぶりざえもんと、流れ者の少年・しんのすけのコミカルなやりとりが展開される。

この記事の画像・動画(全5件)

神谷浩史コメント

『青二プロダクションにぶりぶりざえもんが帰ってきた!』と喜ぶ弊社のスタッフを見て、塩沢兼人さんと同じ事務所の後輩として心から幸せを感じています!
僕の気持ちをここに全て書ききることはできませんが、とにかく!今までの色々なものが結実してぶりぶりざえもんに辿り着いていたのだとしたら、本当に声優を続けていて良かったと思えます! クールでセコくておねいさんが大好きでお金にがめつくて、ブタのくせに人間より人間くさい…僕としては珍しく共感しかないキャラクターなので大切に演じて行ければと思っています! 偉大なる先代を知っている方もそうでない方も、温かく見守っていただければ幸いです!

全文を表示

関連記事

臼井儀人のほかの記事

リンク

(c)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 臼井儀人 / 神谷浩史 / 塩沢兼人 / ムトウユージ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。