コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

今度は草津だ。水木しげる「妖怪道五十三次」展

7月14日から8月30日にかけて、滋賀県草津市立草津宿街道交流館で水木しげるの作品展「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪道五十三次の世界展」が開催される。

作品展では歌川広重による浮世絵「東海道五十三次」の複製と、水木が描いた「妖怪道五十三次」が並べて展示されるほか、鳥取県境港市に設置されているものと同様の妖怪ブロンズ像や、水木しげる人生絵巻なども展示される。

「妖怪道五十三次」は、水木が2002年から2003年にかけて制作したイラストシリーズ。妖怪たちが東海道五十三次のルートを旅している風景が描かれており、全55枚にわたって300匹の妖怪が登場している。

ゲゲゲの鬼太郎 妖怪道五十三次の世界展

開催期間:7月14日(火)~8月30日(日)
開催時間:9:00~17:00
会場:滋賀県草津市立草津宿街道交流館
住所:滋賀県草津市草津3-10-4
電話番号:077-567-0030
休館日:月曜日(ただし7月20日は開館)
観覧料:一般400円、高校・大学生300円、小学・中学生200円

コミックナタリーをフォロー