コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

えすのサカエ「未来日記パラドックス」がヤングエースに移籍決定

えすのサカエ「未来日記パラドックス」が、7月4日に創刊される角川書店の新雑誌ヤングエースに移籍して、連載が再開されることが分かった。

移籍が伝えられたのは、えすのの「未来日記」最新刊となる8巻の帯にて。再開の時期については、決定し次第少年エース(角川書店)およびヤングエースにて発表されるとのこと。

「未来日記パラドックス」は、月刊少年エースにて連載中の「未来日記」の外伝にあたり、少年探偵・秋瀬或を主人公としたSF作品。3月11日に発売された2009 SPRING号をもって休刊となったエースアサルト(角川書店)にて連載されていたが、休刊後の移籍先については明言されていなかった。

なおヤングエースでは、貞本義行の「新世紀エヴァンゲリオン」、大塚英志原作、田島昭宇作画の「多重人格探偵サイコ」、ぷよの「長門有希ちゃんの消失」、杉基イクラの「サマーウォーズ」、大塚英志原作、山崎峰水作画の「黒鷺死体宅配便」、林トモアキ原作、浅井蓮次作画の「戦闘城塞マスラヲ」の連載が決定している。

関連記事:新雑誌ヤングエース創刊、貞本エヴァ&ハルヒ新作&サイコ

コミックナタリーをフォロー