コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「母を亡くした時~」の宮川サトシ原作、宇宙舞台のSFギャグがWebで開幕

297

「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」「東京百鬼夜行」の宮川サトシ(宮川さとし)が原作を手がける新連載「宇宙戦艦ティラミス」が、本日10月9日にWebマンガサイトのくらげバンチでスタートした。マンガは伊藤亰が執筆する。

同作の主人公スバル・イチノセは、地球連邦の最重要戦艦・ティラミスのエースパイロット。年上ばかりの艦内の集団生活になじめないスバルは、いつも専用機・デュランダルのコクピットに引きこもってばかりいた。第1話ではそんなスバルが、便所飯ならぬコクピット飯を敢行する。新潮社漫画大賞出身の新鋭・伊藤による重厚な絵柄と、矮小なギャグの取り合わせに注目だ。

コミックナタリーをフォロー