コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「3月のライオン」若き神宮寺会長が主役のスピンオフ、1巻発売

272

羽海野チカ「3月のライオン」のスピンオフ「3月のライオン昭和異聞 灼熱の時代(とき)」1巻が、本日9月26日に発売された。

ヤングアニマル(白泉社)にて「3月のライオン」本編とともに連載中の「灼熱の時代」の舞台は昭和44年。本編で日本将棋連盟の会長を務める神宮寺崇徳が、将棋に命を燃やす若き頃の姿が描かれている。執筆は西川秀明が手がけ、羽海野も原案と監修で携わっている。

なお「3月のライオン」最新11巻も昨日発売されたばかり。帯では実写映画化とTVアニメ化が告知されている。

羽海野チカコメント

西川先生の手から生まれてくる徳ちゃんと朔ちゃんの青春の日々と昭和の街並みと暮らしが楽しみで仕方ありません!

コミックナタリーをフォロー