コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「サイボーグ009VSデビルマン」を吉富昭仁がコミカライズ、小説版も発売

176

吉富昭仁が手がけたマンガ版「サイボーグ009VSデビルマン」のイラスト。 (c)石森プロ (c)永井豪/ダイナミック企画

吉富昭仁が手がけたマンガ版「サイボーグ009VSデビルマン」のイラスト。 (c)石森プロ (c)永井豪/ダイナミック企画

劇場アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」のコミカライズが決定した。マンガは「EAT-MAN」などで知られる吉富昭仁が手がける。

発表と併せ、9人のサイボーグ戦士と、彼らの前に立ちはだかるデビルマンのシルエットが描かれたイラストも公開された。本作は10月より月刊少年シリウス(講談社)のWebマンガ誌「水曜日のシリウス」にて連載スタート。10月26日発売の月刊少年シリウス12月号には、第1話の試し読みができる小冊子が付属する。

またノベライズ版もKADOKAWAより9月25日に発売される。「サイボーグ009VSデビルマン トゥレチェリイズ~裏切り者たち~」と題された小説は、アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」の構成・脚本を務めた早川正が執筆。009こと島村ジョーとデビルマンの運命の出会い、そして対決に至るまでの映画前日譚が綴られる。

「サイボーグ009VSデビルマン」は石ノ森章太郎「サイボーグ009」と永井豪「デビルマン」がコラボレートした新作アニメ。10月17日より、新宿バルト9ほかにて2週間限定で上映される。

コミックナタリーをフォロー