コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「エヴァ」ヒロインが着物姿で日本刀持つ和装ドール、第1弾はアスカ

269

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」のキャラクターメインビジュアルを忠実に立体化したドールが、タカラトミーより2016年1月に発売される。第1弾としてリリースされるのは「式波・アスカ・ラングレーと日本刀」。

「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」は、アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの世界をデザインモチーフとした日本刀の展示会。キービジュアルには着物姿のアスカ、マリ、レイが描かれており、3人を順に和装ドールとして立体化していく。第1弾のアスカは赤地に牡丹柄の着物姿で短刀を構えており、帯はA.T.フィールドをイメージしたデザイン。赤色の鞘と、透かし彫りの入った日本刀は、実物を可能な限りミニチュアで再現しており、手に持たせたり専用の刀掛けに飾ったりして楽しめる。

価格は1万6200円。ショッピングサイト「タカラトミーモール」では予約を受け付けている。商品パッケージの裏面には描き下ろしイラストを使用し、第1弾のアスカ、第2弾のマリ、第3弾のレイのパッケージを3つ揃えて横に並べると、屏風絵の絵が完成する仕様だ。

(c)カラー (c)全日本刀匠会事業部 (c)TOMY

コミックナタリーをフォロー