コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

産科医の奮闘描く「コウノドリ」TVドラマ化!主演は綾野剛

3266

鈴ノ木ユウ「コウノドリ」のTVドラマ化が決定した。10月よりTBS系にて毎週金曜22時に放送される。

「コウノドリ」は、孤児として育った産科医の奮闘を通じ、妊娠や出産の過酷な現場を描く医療ドラマ。モーニング(講談社)にて連載されている。

産科医であり、ピアニストでもある主役の鴻鳥サクラ役は連続ドラマ単独初主演になる綾野剛が務める。綾野は役柄について「ライトな雰囲気でありつつもきちんと相手に接することをモットーとした産科医です。自分の感情を表に出さないぶん、ピアニストのBABYとしてピアノの音に感情を託している。だからこそ、BABYの演奏シーンは非常に高度なテクニックを要する楽曲が必要なのではと思います」とピアノシーンにも意気込みを見せた。

サクラ率いるチームの下で奮闘する産婦人科研修医・下屋加江役は松岡茉優、ベテラン助産師・小松留美子役は吉田羊、新生児科の研修医・白川領役は坂口健太郎が担当。また救急救命医・加瀬宏役を平山祐介、助産師・角田真弓役を清野菜名、麻酔医・船越拓也役を東京03の豊本明長、ペルソナ総合医療センターの院長役を浅野和之、メディカルソーシャルワーカー・向井祥子役を江口のりこ、新生児科の医師・新井恵美役を山口紗弥加が演じる。

サクラと同期入局の産婦人科医師・四宮春樹役を星野源、新生児科の部長兼周産期センター長・今橋貴之役を大森南朋が演じ、ドラマを更に深みのある物語に導く。なお鈴ノ木からのコメントも到着。「白衣を着て鴻鳥サクラに扮した綾野剛さんを見て、漫画を描いていくうえでの刺激を頂きました」と語り、「ドラマ『コウノドリ』をどうかよろしくお願いします。応援しています」とエールを送った。

鈴ノ木ユウコメント

主演・綾野剛さんへ

白衣を着て鴻鳥サクラに扮した綾野剛さんを見て、漫画を描いていくうえでの刺激を頂きました。漫画「コウノドリ」をこれからも頑張って描いていきますので、ドラマ「コウノドリ」をどうかよろしくお願いします。応援しています。

原作について

「コウノドリ」では妊娠・出産に関する様々な問題を取り上げています。テーマとして扱ったケースを知って頂けるのは嬉しいですが、なにより読んでくれた方が奥さんや旦那さん、お子さんがいる人はお子さんに対して「コウノドリ」を読んだ後、優しさでいっぱいになってもらえたら一番嬉しいです。

綾野剛コメント

役柄について

医者もピアニストも演じるのは初めてです。どちらも演じてみたいと思っていた役柄ではありましたけど、二つ一緒に来るとは思っていませんでした(笑)。サクラは、ライトな雰囲気でありつつもきちんと相手に接することをモットーとした産科医です。自分の感情を表に出さないぶん、ピアニストのBABYとしてピアノの音に感情を託している。だからこそ、BABYの演奏シーンは非常に高度なテクニックを要する楽曲が必要なのではと思います。ピアノテーマ・監修の清塚信也さんとフュージョン(融合)して、最高のピアニストを作ろうと思っています。

作品について

「コウノドリ」は、医療に関わるすべての人を描く作品。産科医・助産師・救命救急といった医療チーム全般もそうですが、そこに関わるご家族のみなさんや生まれてくる赤ちゃんも一緒に描かれます。そういった人々との関わりの中から、生と死をきちんと受け止め、未来を紡いでいくことができる作品にしたいです。

意気込み

昔は、“単独主演”と聞くと、“自分にはまだまだ”という感覚がありました。でも今は、年齢的に早いも遅いもないなと思っています。大事なのは、作品にとってどんな方がどのように主演を張れるか。鴻鳥サクラ役は、10代の方が演じるのは現実的ではないし、20代でも違ったのかもしれない。というところで、30代の役者に目を向けた時に、僕にお話をいただけたことは大変光栄です。きっと、僕が思う以上に周りの方々が僕を支えてくれるはずなので、みなさんの気持ちを見逃さないようにしっかり受け止めながらこの作品に挑もうと思っています。

TVドラマ「コウノドリ」

放送枠:2015年10月金曜22時枠 
原作:「コウノドリ」(講談社刊)鈴ノ木ユウ
脚本:山本むつみ
ピアノテーマ・監修:清塚信也
プロデューサー:峠田浩  
企画:那須田淳、鈴木早苗
演出:土井裕泰、金子文紀ほか
製作:TBSテレビ

コミックナタリーをフォロー