コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

中国人作家が謎の新大陸舞台に描くファンタジー、ジャンプ+で

110

中国人作家の第年秒による新連載「群青のマグメル」が、少年ジャンプ+にてスタートした。

「群青のマグメル」は大洋の真ん中に突如として、「聖洲(マグメル)」と呼ばれる新大陸が出現した世界が舞台のファンタジー。見たことのない自然や新種の生き物、貴重な埋蔵鉱物が眠る「マグメル」への渡航者を専門に救助する、拾人者と呼ばれる少年の活躍を描いていく。なお7月3日には第年秒が少年ジャンプ+にて連載していた「5秒童話」の単行本が発売される。

コミックナタリーをフォロー