コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

アニメ「群青のマグメル」に河西健吾、M・A・O、山村響、森川智之が出演

606

第年秒原作によるTVアニメ「群青のマグメル」のメインキャストが発表された。

探検家たちの救助を生業とする少年・因又(インヨウ)役を河西健吾が担当。その助手であるゼロ役にはM・A・O、因又に依頼を持ち込んだエミリア役には山村響、因又の師匠・拾因(シュウイン)役には森川智之がキャスティングされた。

アニメ化以前から本作の読者であったという河西は「原作のファンの方はもちろん、まだ知らない方にもおススメできる王道冒険ファンタジーな作品になっております。マグメルでお会いしましょう!」とコメント。なお本作のティザービジュアルも公開されている。

「群青のマグメル」は大洋の真ん中に突如として出現した新大陸・聖洲(マグメル)を舞台としたファンタジー。アニメでは監督を「NARUTO-ナルト-」や「幻想魔伝 最遊記」を手がけた伊達勇登が担当し、制作はぴえろが務める。

河西健吾コメント

群青のマグメルがアニメ化ということで、僕自身も読んでいる作品だったのでそれだけでも嬉しいのに、作品に関われること、凄く光栄に思っております。現在アフレコも順調に進んでおり、原作のファンの方はもちろん、まだ知らない方にもおススメできる王道冒険ファンタジーな作品になっております。マグメルでお会いしましょう!

M・A・Oコメント

ゼロ役で出演させていただくことになりましたM・A・Oです。ゼロちゃんは大人の女性に憧れて、ちょっと背伸びをしているようなところがとてもチャーミングだと感じました。様々な依頼人が訪れる中、因又さんの隣で助手として奮闘する姿を、アニメでも是非楽しんでいただけたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします!

山村響コメント

原作を読んだ際にお話の世界観やストーリーの展開に思わず夢中になって読了してしまいました。そんな素晴らしい世界を、エミリアとして生きられることが本当に嬉しいです。魅力的な彼女を演じられるよう精一杯頑張ります。ご期待下さい!

森川智之コメント

因又の師匠でもあり、謎の多い拾因を演じています森川智之です。アフレコはもうはじまっており、拾因はストーリーの中でとても気になる存在感を放っています。
どのような展開になるのか、また、拾因の謎がどのように解き明かされていくのか、是非、皆さんと一緒に「群青のマグメル」を楽しんでいきたいと思います。

TVアニメ「群青のマグメル」

スタッフ

監督:伊達勇登
シナリオ構成:御笠ノ忠次
音楽:高梨康治
アニメーション制作:ぴえろ

キャスト

因又:河西健吾
ゼロ:M・A・O
エミリア:山村響
拾因:森川智之

(c)第年秒/翻翻動漫・群青のマグメル製作委員会

コミックナタリーをフォロー