コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

シリウス10周年!サンホラ「Marchen」マンガ版や小野大輔&近藤孝行が原案の連載

1189

シリウス10周年企画のSound Horiazon 「Marchen」のコミカライズ告知ページ。

シリウス10周年企画のSound Horiazon 「Marchen」のコミカライズ告知ページ。

月刊少年シリウス(講談社)は、本日5月26日に発売された7月号にて創刊10周年を迎えた。これを記念して同号では、さまざまな企画が発表されている。

創刊10周年の目玉となるのは、Sound Horizonによるアルバム「Marchen」(aはウムラウト記号付きが正式表記)のコミカライズ。マンガはソガシイナが担当し、7月26日発売の月刊少年シリウス9月号にて連載がスタートする。なお今夏に講談社より創刊される新少年誌でも、鳥飼やすゆきがコミカライズを手がける「Marchen」が始動。物語性があり、さまざまな考察が可能なSound Horizonの楽曲を、シリウス版と新少年誌版の2つの解釈で楽しめる。

またシリウス10月号から、声優の小野大輔と近藤孝行が原案を務めるヒーローアクションマンガが開幕する。小野と近藤が夢を語り、実現させていくラジオ番組「小野大輔・近藤孝行の夢冒険~Dragon&Tiger」から生まれたこの企画。ネーム原作は「戦国八咫烏」の小林裕和、作画は「FULLMOON」の塩沢天人志が担当する。

さらに高殿円原作による椋本夏夜「スルタンのハーレム」、イダタツヒコ原作によるKface「ルシエルナガ」、小原ヨシツグ「ガタガール」、道明宏明「さよならジュリエッタ」、冲方丁「マルドゥック・ヴェロシティ」のコミカライズなど、11月号以降も新連載が続々開始されることが告知された。

読み切り群も充実。弐瓶勉「シドニアの騎士」を題材に小川彌生東村アキコ、清水幸詩郎がそれぞれ描くスピンオフ作品が掲載されるほか、押切蓮介黒田bbも登場する。また高橋龍也原作によるぢたま(某)の新作も収録される予定だ。

ヤスダスズヒト、高橋愛、深山和香渡辺航カトウコトノ士貴智志春原ロビンソンが参加するサイン会の開催も決定。北海道、東北、東海・北陸、関東、中国・四国、近畿、九州の全国7地域で実施され、スケジュールなどの詳細は後日発表される。

なお本日発売の7月号では、メイジメロウの新連載「お客様は神様です。」がスタートした。同作はモンスター客がよく訪れるコンビニでバイトをする白塚と、どんな難癖をつける客にも笑顔で接客する謎の美少女・朱羅々が繰り広げるバイオレンスギャグ。そのほか今号にはXEBEC原作による松下朋未「蒼穹のファフナー」のコースターが付属している。

コミックナタリーをフォロー