能力持ち一家のアニメ「城下町のダンデライオン」スタッフ&ビジュアル公開

112

「俺、ツインテールになります。」のイラストなどで知られる春日歩原作のアニメ「城下町のダンデライオン」のスタッフや放送時期が、本日4月16日発売のまんがタイムきららミラク6月号(芳文社)にて発表された。

アニメ「城下町のダンデライオン」キービジュアル (c)春日歩・芳文社/城下町のダンデライオン製作委員会

アニメ「城下町のダンデライオン」キービジュアル (c)春日歩・芳文社/城下町のダンデライオン製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

「城下町のダンデライオン」は現代の日本そっくりな王国を舞台に、王族として生まれた9人の兄弟姉妹を描くファミリーコメディ。町中の監視カメラによって生活の模様がTV放送されているという状況下で、重力操作や分身といった特殊能力を持つ一家のドタバタが展開される。

アニメの監督は「バクマン。」「劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth」の秋田谷典昭、シリーズ構成は「ガールズ&パンツァー」「のんのんびより」の吉田玲子、キャラクターデザインと総作画監督は「いなり、こんこん、恋いろは。」「新妹魔王の契約者」の小林真平がそれぞれ担当。またアニメーション制作は「俺、ツインテールになります。」などのプロダクションアイムズが手がける。TBSほかにて、7月より放送される予定。

またアニメのキービジュアルも公開。人見知りな三女・茜、リアリストな次女・奏、家族思いの長女・葵の3人が登場した。気になるキャストについては続報を待とう。

この記事の画像(全2件)

関連記事

春日歩のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 春日歩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。