コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

IH最終日描く舞台「弱虫ペダル」ついに本日開幕「観劇というより“観戦”して」

2325

激闘を見せる真波と坂道。 (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダル製作委員会2013 (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション

激闘を見せる真波と坂道。 (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)2008/弱虫ペダル製作委員会2013 (c)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、ディー・バイ・エル・クリエイション

渡辺航原作による舞台「弱虫ペダル」の新作「インターハイ篇 The WINNER」が、本日3月6日に東京・日本青年館大ホールにて開幕する。

舞台「弱虫ペダル」の第6作にして、インターハイ最終日を描いていく「インターハイ篇 The WINNER」。呉南工業の待宮率いる“大蛇の集団”や、総合優勝が決まる瞬間までの壮絶なレースなど、見逃せない名場面が満載だ。本日の本番の前には公開稽古と囲み取材が行われ、小野田坂道役の村井良大、今泉俊輔役の太田基裕、鳴子章吉役の鳥越裕貴、真波山岳役の植田圭輔、荒北靖友役の鈴木拡樹が報道陣の前に姿を見せた。

箱学勢の植田は「僕たちにできることは、いっぱいお客様に汗を飛ばして、その汗を喜んで受けてもらうことだと思っています。観劇というよりは観戦という気持ちで楽しんでいただきたい」とコメント。鈴木は「僕はインターハイに出たことがなくて、擬似的にこうして荒北と一緒にインターハイを経験できて。彼にとってインターハイは1回しかないし、僕にとっても1回しかないので、素敵な汗をかいて終えることができたら」「ここから続編につながるようにがんばっていきたい」とそれぞれ意欲を見せる。

また初演から出演してきた太田は「この作品がどんどん大きくなってきたことを実感していて、溢れんばかりの思いです。いままで関わってきた方の思いを乗せてがんばっていきたい」と語り、村井も「インターハイ3日目を描けることを幸せに思っています。初演をやったときからやりたいねと話していたけど、まさかここまで走りきることができるとは」と感慨深げに語っていた。また鳥越は「3日目は各々がバトンを渡していくので、それをちゃんと渡してゴールを迎えたい。生の汗と熱量を楽しみにしていてください」と重ねた。

最後にひと言ずつコメントする際には、太田が鳥越の順番を飛ばし、鳥越がすかさず「俺(の番)だよ!」と突っ込む一幕も。今泉、鳴子が劇中からそのまま出てきたかのような掛け合いで笑いを誘った。「インターハイ篇 The WINNER」は東京公演を終えた後、大阪、福岡にて上演されていく。ペダステ史上最長の1カ月にわたる公演に、村井は「楽しみつつ怪我に注意して、全員で最後まで走り抜けたい。見どころのシーンは……全部です!」と意気込んでいた。

チケットはすべて完売しているが、3月29日の千秋楽公演はライブビューイングが行われる。チケットのプレオーダーは3月7日11時より、チケットぴあにてスタート。なお「インターハイ篇 The WINNER」はDVD化が決定しており、7月15日にリリースされる。

また3月11日10時25分から、MBSテレビにて「舞台『弱虫ペダル』って何?~舞台の魅力を徹底紹介~」と題した特別番組がオンエア。関西圏のファンはチェックしておこう。

舞台「弱虫ペダル」インターハイ篇 The WINNER

東京公演

期間:2015年3月6日(金)~3月15日(日)
会場:東京・日本青年館 大ホール

大阪公演

期間:2015年3月19日(木)~3月22日(日)
会場:大阪・シアターBRAVA!

福岡公演

期間:2015年3月26日(木)~3月29日(日)
会場:福岡・キャナルシティ劇場

ライブビューイング

日時:3月29日(日)17:00~
料金:3600円

スタッフ

原作:渡辺航「弱虫ペダル」(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
演出・脚本:西田シャトナー
音楽:manzo

キャスト

総北高校
小野田坂道役:村井良大
今泉俊輔役:太田基裕
鳴子章吉役:鳥越裕貴
巻島裕介役:廣瀬智紀
田所迅役:友常勇気
金城真護役:郷本直也

箱根学園
福富寿一役:滝川英治
荒北靖友役:鈴木拡樹
東堂尽八役:北村諒
新開隼人役:宮崎秋人
泉田塔一郎役:河原田巧也
黒田雪成役:秋元龍太朗
真波山岳役:植田圭輔

京都伏見
石垣光太郎役:松村龍之介
水田信行役:桝井賢斗
御堂筋翔役:村田充

広島呉南工業
待宮栄吉役:山本侑平
井尾谷諒役:松本祐一

パズルライダー
南陽介、一瀬悠、馬庭良介、瀬戸啓太 ほか

コミックナタリーをフォロー