コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

CLAMP原作の舞台「BLOOD-C」に宮原華音、南圭介、滝川英治、吉川麻美ら

1159

CLAMPが原作やキャラクター原案として参加した、Production I.G制作によるアニメ「BLOOD-C」が舞台化される。そのキャスト情報が発表された。

主人公の更衣小夜役は、映画「ハイキック・エンジェルス」で主演を務めたアクション女優・宮原華音に決定。七原文人役は舞台「K」で宗像礼司役を演じた南圭介、更衣唯芳役は「弱虫ペダル」の福富寿一役で知られる滝川英治、網埜優花役は舞台「P4U」でエリザベス役を務めた吉川麻美が演じる。

また舞台版のために書き下ろされた新キャラクター・陽役には石渡真修、蘭役には青野楓、蒼円役には松村龍之介、富山役には藤原祐規、黒田役には伊阪達也、紅斑役には田中稔彦が選ばれた。

「BLOOD-C」は神社の巫女を務める女子高生・小夜が、人を喰らう存在「古きもの」と闘うバイオレンスアクション。2011年にTVアニメが放送され、2012年には劇場版が公開された。舞台は7月2日から5日にかけて、東京・世田谷パブリックシアターにて上演される。

舞台「BLOOD-C」

期間:2015年7月2日(木)~7月5日(日)
会場:世田谷パブリックシアター
原作:Production I.G、CLAMP
演出:奥秀太郎
脚本:藤咲淳一
製作:BLOOD-C STAGE PROJECT

コミックナタリーをフォロー