コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「神様はじめました」に八神蓮ら意気込み「キスシーンあるかお楽しみに」

232

写真左よりSWEEP、瑞希役の高崎翔太、巴衛役の八神蓮、桃園奈々生役の寺島咲、鞍馬役の南圭介、秦建日子。

写真左よりSWEEP、瑞希役の高崎翔太、巴衛役の八神蓮、桃園奈々生役の寺島咲、鞍馬役の南圭介、秦建日子。

鈴木ジュリエッタ原作による舞台「神様はじめました THE MUSICAL♪」の制作発表会が、本日1月21日に都内にて行われた。

桃園奈々生役の寺島咲、巴衛役の八神蓮、鞍馬役の南圭介、瑞希役の高崎翔太のメインキャスト4人は役衣装で登場。加えて音楽プロデュースを手がけるSWEEP、脚本・演出を担当する秦建日子が登壇した。主演を務める寺島は「舞台は8年ぶりなんですけど、こうして衣装を着て集まるといよいよなんだなと実感しています。原作を読んで(奈々生は)すごく前向きで負けず嫌いでまっすぐな女の子だと思いました。女子高生役なので、元気に演じられたら」と役への意気込みを語った。

また八神は「原作を見させていただいて思ったんですが、巴衛はツンデレ。(自分は)ツンデレが似合う顔なんだなと思ったので、演じきりたいと思います」と笑顔。さらに「神使としての契約がキスなんですね。これまで八神蓮として唇同士のキスシーンを演じたことはないので、それがあるのかないのか、お楽しみに」と期待感を煽る。

そして南は「鞍馬はビジュアル系ということで、僕の中で新境地。今日はアイラインを濃くして気合いを入れてきました。ここからどんどん濃くなるのではとちょっと不安です(笑)」とコメント。また「原作の世界観を壊さないよう、僕らにしかできない『神様はじめました』を始めたいと思います」と述べると、八神、高崎は感心した様子で拍手をしていた。瑞希を演じる高崎は「この髪の色が似合う人はなかなかいないだろうと自負しております。僕は外ハネ(の役)が多いんですよ。なので完成した写真を見たときに、これだなと思いました。4人並んだときのバランスも素敵で。耳が似合うのも八神蓮くらいかなと」とビジュアルの仕上がりに満足げな様子。

脚本・演出を手がける秦は「たくさんの方に愛されている原作とキャストが集まりましたので、その期待に応えられるようにがんばります。『神様はじめました』は頭ひとつ抜けてるね、レベルが違うね、と言われるように、稽古中は一切妥協せず取り組もうと思います」と気合い十分に語った。「神様はじめました THE MUSICAL♪」は、3月21日から29日まで東京芸術劇場プレイハウスにて上演される。

「神様はじめました THE MUSICAL♪」

日程:2015年3月21日(土)~29日(日)
会場:東京芸術劇場プレイハウス

コミックナタリーをフォロー