コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「理系の人々」実写化、よしたに役は伊藤淳史

403

よしたに「理系の人々」の実写ドラマ化が決定し、原作者よしたに、ドラマでよしたに役を演じる伊藤淳史、原作には登場しない理系女子おのでら役の真野恵里菜の3名を迎えた発表会が行われた。

ドラマはよしたにを主人公にした「よしたに編」と、理系女子おのでらを主役にしたオリジナルストーリー「理系女子編」の2パートが制作される。真野は「自分と理系はかけ離れている」「台本も知らない言葉が多かった」と役作りの苦労を語りつつ「堅い内容ではないので、理系ならではの感覚を楽しんでもらえたら」と、よしたにが描き下ろした理系女子のイラストとツーショットでドラマの見どころをアピールした。また高精細な映像を売りにした4Kでの放送については「細かく映るので女子はドキドキします」と苦笑。メイクに気を使い、撮影時はメガネのレンズにセットが写り込まないよう注意したという。

伊藤は自身の演じたキャラクターを振り返りつつ、原作者のよしたにへ「理系はデートで2回に1回は電気屋に行くっていうのは本当なんですか?」と質問。よしたには「そもそもデートに行く機会がほとんどないんですが」と困った様子を見せつつ「もちろんデート自体は別の場所でするのだけど、ひと通り楽しんだら、ついでの僕の好きなとこに行ってもいいでしょ?」と事の真相を明かした。自身の行動原理について細かく説明をする様子は、作品で描かれる理系の姿そのもの。ドラマの魅力を体当たりで伝える発表会になった。

「理系の人々」の原作は、元システムエンジニアのよしたにが自らの経験をもとに、理系の行動や思考を“あるあるネタ”として描くコメディ。ドラマはひかりTVのビデオオンデマンドサービスにて、10月27日より放送が開始される。

「理系の人々」番組情報

放送開始日:2014年10月27日(月)
テレビサービス(HD):毎週木曜放送
ビデオサービス(4K/HD):順次提供

「理系の人々」スタッフ&キャスト

原作:よしたに「理系の人々」
監督:瑠東東一郎、上田誠(ヨーロッパ企画)、吉原通克
主演:伊藤淳史、真野恵里菜
話数:全42話(各話約3分)

コミックナタリーをフォロー