コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

戦乱を生き抜くラノベ「天鏡のアルデラミン」がマンガ化

35

本日5月27日に発売された月刊電撃マオウ7月号(アスキー・メディアワークス)にて、宇野朴人のライトノベル「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」をコミカライズした新連載がスタートした。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」は隣国と戦争状態のカトヴァーナ帝国を舞台に、卓越した知恵で戦乱を生き抜く主人公・イクタの半生を描いた壮大なファンタジー戦記。作画は月刊少年シリウス(講談社)で「まおゆう魔王勇者 外伝 まどろみの女魔法使い」を連載していた川上泰樹、キャラクターデザインは原作のイラストを務めたさんば挿がそれぞれ担当する。

なお月刊電撃マオウ7月号では、超能力を持つ双子姉妹の学校生活を描いた、シバユウスケ「シンメトリーズ」の連載も開始。また「ペルソナQ」に登場する8人のキャラクターが描かれたしおりが付属している。

コミックナタリーをフォロー