コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「ヒビキのマホウ」7年2カ月ぶり新刊で依澄れいサイン会

115

麻枝准(Key)原作による依澄れい「ヒビキのマホウ」の3巻が、2月2

6日に刊行される。前巻より7年2カ月ぶりとなる、ファン待望の続刊だ。

「ヒビキのマホウ」は「CLANNAD」「Angel Beats!」などで知られる麻枝と、「.hack//黄昏の腕輪伝説」の依澄が手がけるファンタジー。2004年に月刊少年エースで連載が始まり、2005年に現在の掲載誌である月刊コンプエース(ともに角川書店)へ移籍した。その後長期休載を挟み、単行本は2006年発売の2巻以後、長らく発売されていなかった。

この刊行を記念し、3月1日にCOMIC ZIN秋葉原店では依澄のサイン会が開催される。整理券は本日2月23日より、同店にて3巻を購入した人に先着順で配布。定員は50名を予定している。

またCOMIC ZIN、ゲーマーズ、コミックとらのあなでは、購入特典としてイラストカードやブロマイドの配布を行う。絵柄はすべて描き下ろしだ。COMIC ZINとゲーマーズでは既刊も特典配布の対象になるため、未読の人はこの機に手にしてみては。

依澄れいサイン会

日時:2014年3月1日(土)15:00~17:00予定
会場:COMIC ZIN秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田1-11-7

コミックナタリーをフォロー