ステージナタリー

アンダースローの新レパートリーに、地点×イェリネクの第3弾

99

「スポーツ劇」より。(photo:Takuya Matsumi)

「スポーツ劇」より。(photo:Takuya Matsumi)

地点「汝、気にすることなかれ」が、8月5日から20日、10月13日から16日に京都・アンダースローにて上演される。

2012年上演の「光のない。」、16年上演の「スポーツ劇」に続き、オーストリアの作家エルフリーデ・イェリネク作品に取り組む地点。アトリエ、アンダースローの新たなレパートリーとなる本作は、オーストリア・ブルク劇場の大女優をモチーフにした第1部、白雪姫の物語を題材にした第2部、それらとまったく異なる設定で書かれた第3部と、3つのパートから構成される。

“目標を持たず、ただ自分自身の掌握という目標の達成だけを目指している一つの権力によって遂行されている戦争”から身をよじって逃げようとする人間の姿を、彼らがいかに立ち上げるのか。なお、音楽の三輪眞弘、衣装のコレット・ウシャールと、これまでも地点×イェリネク作品に関わってきた面々が集結するのにも注目だ。

地点「汝、気にすることなかれ」

2017年8月5日(土)~20日(日)、10月13日(金)~16日(月)
京都府 アンダースロー

作:エルフリーデ・イェリネク
翻訳:谷川道子
演出:三浦基
出演:安部聡子石田大小河原康二窪田史恵小林洋平

ステージナタリーをフォロー