ステージナタリー

劇団四季「キャッツ」新設のキャッツ・シアターでロングラン公演決定

342

劇団四季 ミュージカル「キャッツ」より。(撮影:荒井健)

劇団四季 ミュージカル「キャッツ」より。(撮影:荒井健)

劇団四季のミュージカル「キャッツ」が、2018年夏より東京都品川区に新設される専用劇場のキャッツ・シアターにてロングラン公演を行う。

「キャッツ」はアンドリュー・ロイド=ウェバーが、T.S.エリオットの詩集をミュージカル化した作品。都会のゴミ捨て場を舞台に、24匹の猫たちの生き様が描かれる。四季では1983年に東京・西新宿のテント式劇場「キャッツ・シアター」で初演以来、これまでに全国9都市で公演を実施、総公演回数9484回、総入場者数は約930万人を数える。

2012年の横浜公演以来、6年ぶりとなる首都圏での上演。なお現在上演中の大阪・大阪四季劇場公演は、2018年5月6日が千秋楽となる。

劇団四季 ミュージカル「キャッツ」

2018年夏開幕
東京 キャッツ・シアター

ステージナタリーをフォロー