ステージナタリー

“世界のニナガワ”蜷川幸雄が肺炎による多臓器不全のため80歳で逝去

292

演出家の蜷川幸雄が、肺炎による多臓器不全のため本日5月12日13:25に東京都内の病院にて逝去した。80歳だった。通夜は5月15日に、告別式は5月16日に都内にて執り行われ、妻の宏子さんが喪主を務める。

蜷川は1935年10月15日、埼玉県川口市生まれ。1955年に劇団青俳に入団し、1968年に劇団現代人劇場を創立。1969年に「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビューした。1972年には演劇集団「櫻社」を結成、1974年に同劇団を解散後は大劇場へ進出し、近松門左衛門、シェイクスピア、ギリシャ悲劇など幅広い作品を次々と世に送り出してきた。代表作は「身毒丸」「NINAGAWA・マクベス」「ハムレット」など多数。

1988年には、シェイクスピアの全37作品の上演を目指した企画「彩の国シェイクスピア・シリーズ」を彩の国さいたま芸術劇場にてスタート。2006年には同劇場で55歳以上を集めた演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を創設した。2001年に紫綬褒章、2004年に秋の文化功労者、2010年に秋の文化勲章を受章。菊田一夫演劇賞、読売演劇大賞や朝日舞台芸術賞など、演劇賞も数多く受賞している。

2016年2月には、マームとジプシーの藤田貴大とのコラボレーションにより、演出家としての蜷川をモチーフにした「蜷の綿-Nina's Cotton-」の蜷川、藤田それぞれの演出版を同時上演予定だったが、蜷川が2015年12月に軽度の肺炎で入院し、全公演上演延期となっていた。また今後も5月25日からは藤木直人、多部未華子出演の「尺には尺を」を、8月には森田剛、宮沢りえ出演の「ビニールの城」を、そして12月には「1万人のゴールド・シアター2016」を演出する予定だった。

なお蜷川の娘である写真家・蜷川実花は、自身のInstagramで「今日、父が逝ってしまいました。最期まで闘い続けたかっこいい父でした。父の娘でいられたことを誇りに思います」とコメントしている。

ステージナタリーをフォロー