音楽ナタリー

Perfumeが銀幕デビュー!映画「モテキ」で幸世とダンス

1506

9月23日より劇場公開される森山未來主演、大根仁監督・脚本の映画「モテキ」で、Perfumeが映画初出演を果たすことが発表された。

この映画は「ギャラクシー賞」ほか数々のドラマ賞を受賞した2010年放送のテレビ東京系ドラマ「モテキ」の劇場版として制作されたもの。原作マンガを描いた久保ミツロウが新たにオリジナルストーリーを書き下ろし、ドラマ版の1年後の世界が描かれる。

劇場版のストーリーは森山演じる主人公・藤本幸世がニュースサイト「ナタリー」編集部に入社し、恋や仕事に不器用ながらも奮闘するという内容。長澤まさみ、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子が新ヒロインとして登場する。

この映画でPerfumeは、恋に浮かれて幸世が踊りだすミュージカルシーンに登場。ドラマシリーズにおいても幸世がPerfumeのヒット曲「Baby cruising Love」を踊るシーンが話題を呼んだが、映画では本人登場でより豪華になった「Baby cruising Love」のダンスが披露される。

Perfumeが出演する場面には、50人のダンサーとチアガールも撮影に参加。森山未來のダンスも4人目のメンバーのごとく完全にPerfumeの動きとシンクロし、大根監督の柔軟かつ斬新なカメラワークにより、作品の目玉とも言えるシーンに仕上がった。

森山未來はPerfumeと共演したミュージカルシーンについて「このシーンを観るだけでも1800円払う価値があるくらい、楽しいシーンに仕上がっています。期待ください!」とコメントしている。

Perfumeコメント

ドラマの「モテキ」でPerfumeの曲が流れているという噂は聞いていましたが、今回の映画版では、出演までできて本当にうれしいです。スタッフの方もPerfumeの曲を愛してくれている方ばっかりで、本当にあたたかい雰囲気の現場で楽しかったです。カメラチェックして、映像が綺麗でびっくりしました!映画ってすごい! さっきまで未來さんと踊っていたけど、まだ信じられないです。ちゃんとこの映画がいろんな人に見てもらえるように、私たちも宣伝します!(笑) これを全国の人に観てもらうと思うと不思議です。早く観てほしいし、私たちも早く観たいです!

映画初出演について

自分たちの楽曲を未來さんと一緒に踊れるということで、緊張というよりも楽しくできました。セリフではなくいつもどおりのダンスでしたので、楽しくできました。

森山未來と共演した感想

ダンス経験がかなりある方なので、覚えがとても早かったです。そして幸世という、役の設定のままダンスを踊られているのが本当にすごい。未來さんとして踊るとまた違った形になると思うので、役として表現できている点が感動しました!

主人公・藤本幸世のようなサブカル好き草食系男子について

大歓迎です! 素敵だと思います。幸世みたいな人がPerfumeの曲を聴いてくださっていることも多いと思いますし、ライブにも来て熱い視線と声援を送ってくださっています。マンガやドラマを見ていても「なんでもっと自分を出さないの!」って歯がゆい思いをしながらも、そこが面白いなーっと思ってみていました。

森山未來コメント

撮影の様子について

当日現場のスタッフの「ふわふわ」具合といったらハンパなかったですね。みんなうれしすぎて変なテンションになっていました。最初はPerfumeが踊っているのを、僕が後ろで見ているという演出が多かったんですが、「4人目にならせてください!」という気持ちで自らダンスに参加させてもらえるようにお願いしました。結果、今までの三角形というPerfumeのフォーメーションが、平行四辺形や台形になっていたのが面白かったですね。

Perfumeのダンスパフォーマンスについて

キャリアが長い方たちなので、ただ「かわいい」とか「ふわふわした」部分だけでなく、体の見せ方、表情の見せ方をすごくよくわかっていて、姿勢と技術がすごいなぁと感動しました。

音楽ナタリーをフォロー