音楽ナタリー

欅坂46平手友梨奈、記者からの質問集中も「全体に注目して」

1546

欅坂46

欅坂46

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて実施中。この記事では欅坂46のコメントを紹介する。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」で紅白に初出場する欅坂46。菅井友香は「出場できるのはたくさんの方のお力添えのおかげなので、精一杯歌って、皆さんに元気や勇気を届けられるようにがんばります」と感謝を口にする。紅白でのパフォ―マンスは長濱ねるを加えた21人でのステージで、長濱は「緊張しますが、一生懸命がんばります」と意気込みをみせた。

また記者からの質問が平手友梨奈に集中すると、彼女は「私だけが注目されがちですが、全体のフォーメーションや印象に残る振りに注目してほしいなと思います」と答えを返す。会見の前には司会者との面談を済ませたといい、相葉雅紀(嵐)や有村架純と対面した感想を問われた菅井が「ずっとテレビで見ていた方だったので、まず『実在するんだな』って……」と語って笑いを誘う場面も。相葉や有村からは「がんばってね」と声をかけられたそうで、菅井は「すごく励まされました」と笑顔をのぞかせた。

また前日28日のリハーサルで、先輩グループ・乃木坂46の秋元真夏が「2017年は“坂道旋風”を巻き起こしたい」と語ったことを記者から伝えられると、メンバーは笑顔を浮かべる。菅井は「先輩が築いてくださった道があって、私たちが今回紅白に出場できるのだと思う。足を引っ張らないように、私たちらしくパフォーマンスできたら」と意気込みを新たにしていた。

音楽ナタリーをフォロー