音楽ナタリー

カーネーション前身バンド、耳鼻咽喉科の音源が初CD化

直枝政広(当時は政太郎)がカーネーション結成以前に在籍していたアヴァンポップバンド、耳鼻咽喉科の音源が初CD化。CD2枚組+DVDのアンソロジーボックス「偉大(はずかしく)なる2年 Anthology 1981-1983」がリリースされることになった。

この作品は耳鼻咽喉科の解散直後に直枝自身が編集した非公開アルバム「偉大(はずかしく)なる2年」を完全復刻し、さらにレア音源から選りすぐった楽曲をボーナストラックとして収録したもの。カーネーションの代表曲でもある「夜の煙突」の初演音源や、カーネーションのバンド名の由来となった「花の運河で溺れたい」も収められる。

DVDには1982年6月に行われた耳鼻咽喉科デビューライブの模様や、1982年11月の立川38avenueでのライブ映像を収録。さらに当時のライブ写真やフライヤー、耳鼻咽喉科メンバーへのインタビューといった資料を掲載した豪華ブックレットが封入される。

この作品は9月4日に新宿ロフトプラスワンで開催されるボックス発売記念トークイベントを皮切りに、イベントやライブ会場、WEB通販にて先行販売開始。店頭では11月下旬より発売が予定されている。

なお、この新宿ロフトプラスワンのイベントは直枝政広と、耳鼻咽喉科メンバーでありカーネーションの初代ドラマーでもある徳永雅之がホストとして登場。耳鼻咽喉科を発見し、カーネーションをデビューに導いたケラリーノ・サンドロヴィッチをゲストに迎えて、映像などの貴重な資料を観ながら当時を振り返る。

音楽ナタリーをフォロー